にきびが次から次へと出来てしまって治療を続けているのに治らない・・・
出来てしまったニキビの数の分だけ、色素沈着やにきびの痕が出来る可能性が高くなってしまいます。
にきびが出来てケアをしているのに痕になってしまって、また次のにきびができて、などと繰り返していたら憂うつですし、いつまでたってもそういった肌トラブルから解放されないですよね。

スポンサードリンク

にきび痕と体質改善

比較的大人のにきびにこのような症状が起こる事が多いのですが、まずこのにきびをなくすためには何が必要になのか、どうして次から次へとニキビが出てきてしまうのかということの原因を探してみましょう。

そしてにきびをケアしながら、肌を本来の状態に戻してあげていくことによって自然とにきびも治ってくると思います。

肌トラブルを表と裏に例えて考えてみましょう。
にきびなどのトラブルが出ている肌の表面が表側だとすると、口の中、食道、胃、腸など皮膚の内側が裏側にあたると思います。
大概の場合は、裏側の部分に肌トラブルとなる原因が隠れていると考えられます。

身体の内側の部分にトラブルが潜んでいると、表側の皮膚に負担がかかってきます。
皮膚に負担がかかることにより肌が敏感になり、炎症や化膿を起こしてしまったりしてにきびが出来てしまいます。

その炎症がひどくなってくると、その部分に色素沈着を起こしたり、デコボコ状になって痕に残ってしまうようになるのです。

まずは身体の内側の状態を整えていくことが体質を改善するためには良いでしょう。
そして体質が改善されることによってニキビなどの肌トラブルを招く原因を減らし、結果的ににきびの解消へ近づいていくことでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

にきび痕治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.9feg.com/nikibi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。