みなさんは乳がんの自己検診をしていますか?
乳がんの自己検診は早期発見にとっても有効です。
日ごろから乳房のチェックをする事で小さな変化にも気づきやすくなるのです。
たとえば、お風呂に入るときや就寝する前に乳房の状態を触って確かめたり、鏡で乳房に変化はないか見たりして日ごろの行動にくっつけて自己検診をしていくと習慣化していくと思います。

スポンサードリンク

乳がんの早期発見と治療法

乳がんを発見するというのは不安でもあり恐怖感もあると思います。

しかし、自分でもわからないところに乳がんがあって、発見や治療が遅くなってしまったら、もっと大変なことになります。

乳がんは早期発見や早期治療によって完治する確率がとても高くなります。
ぜひ、病院での定期検診や自宅での自己検診を行うよう心がけてください。

乳房の自己検診によって「しこり」を見つけたら、すぐに乳がんと結び付けないようにしましょう。
「しこり」には、良性のしこりと悪性のしこりがあるのです。

ではそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

良性のしこりは、グミや消しゴムのような硬さで、しこりの境目がハッキリしており、クリクリとした感触です。
また、押すとしこりが色んなところに移動するように感じられます。

一方、悪性のしこりは、石のような硬さで、しこりの境目がハッキリしていない感触です。
そして、押してもしこりが動かないように感じられます。

良性のしこりや悪性のしこりの特長にはこういった違いがあるのです。
しかし、この結果が全てではありません。

良性のしこりに似ているからといって、「私のしこりは良性だ」と自分で判断する事はとっても危険なことです。
もし、しこりを見つけたら早めに専門医を受診してください。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

乳がん 早期発見と治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.9feg.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。